iPhone 3GS を手に入れてから数週間経ち、やっとはiPhone SDKを触ってみました

作り方を学ぶ

まず、さっぱり分かりませんので以下のサイトを見て、どうやったらiPhoneアプリが作れるのか学びました。

目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート:連載|gihyo.jp … 技術評論社

以下は、上記のサイトを見ながらiPhoneアプリを作成したメモです。

iPhoneアプリを作るために必要なもの

たったのこれだけです。私はMac Book Proを持っていますので、それで作成することにしました。

開発に必要なソフトウェア(iPhone SDK)は,アップルから無償で提供されています。
さらに、私はiPhone 3GSを持っていますので、作ったアプリを試すことが出来ます。


iPhone SDKの導入

iPhone SDKiPhoneアプリを作成しますので、iPhone SDKをインストールします。
iPhone SDKをダウンロードするためには「Apple ID」の登録(無料)が必要です。

さっそっくダウンロードしてみましょう。以下にアクセスします。
Apple Developer

画面左側にある「iPhone Dev Centerへ」のリンクをクリックしたあと、

iPhone SDK 3.0」というリンクをクリックして iPhone SDKダウンロードします。

以下のファイルがダウンロードされますので、iPhone SDK.mpkg をダブルクリックしてインストールします。

私は以下のような感じでインストールしました。デフォルト設定です。

インストールが少々長い・・・。


これで、インストールは完了です。


Xcodeを使ってアプリを作る

「デスクトップのハードディスクアイコン」をダブルクリック
「Developer」をダブルクリック
「Applications」をダブルクリック
すると、「Xcode.app」があります。これが Xcode です。

さっそく、ダブルクリックして起動してみます。

起動しました。この画面はとりあえず閉じます。


プロジェクトの作成

Xcode を起動したら、プロジェクトの作成をします。

起動したら、「ファイル」-> 「新規プロジェクト」-> テンプレートの中から「View-Based Application」します。
適当に名前を付けて、プロジェクトを作成したら、「ビルドして進行」をクリックしてみましょう。
少しすると、これだけで、画面に何も表示されない、iPhoneアプリの完成です。

とりあえず、これで、空のiPhoneアプリの作成が完了しました。
まぁ、空ではまったくもっておもしろくありませんが・・・。
その後、いろいろといじってみましたが、最後に気づくことがありました。


「本物のiPhoneでテストするときは登録が必要で年間1万円程度費用が必要」ということでした。


iPhone SDKで作成したアプリケーションを本物のiPhoneに転送するには、年間1万円の壁を越えないといけません。
これは、もっとiPhoneアプリを作る技術を磨いて、「これは使ってみたい!」というアプリが出来たら登録しようと思います。